2005年09月21日

美味放浪記

壇一雄著、食に関する随筆本である。

さすがである。彼の著述には、無駄な部分は微塵もないのだ。
だから、読んでいてもいささかも疲れることもなく、「美味いもの」に対する彼の好奇心にあふれた文章がすんなりと受け入れられるというわけだ。

この本の中に「京都」に関する記述もある。

野菜のひとかけらにも千年の重み

豆腐、棒ダラ、鯖寿司、漬物、竹の子・・・などなど数知れないと彼は賞賛する。

 

今回の旅を振り返った。いささかも、京都の歴史を感じさせる店には行かなかった・・・大衆酒場、ラーメン、松屋だ。

京都の食文化を感じざるを得なかった場所があった。錦市場だ。
決して、広いとは言えない小路に、沢山の店が立ち並び、いずれの店も個性を主張するかのように商品を陳列しているのだ。
良く見ると、普段なかなかお目にかかれない京野菜はもちろん魚介類に至るまで何でもある。

実は何十回も、京都に来ているのに錦市場は初訪問であった。

京都の秋は特に観光客であふれかえる。特に団体の場合は、特に名勝地を駆け巡ることに相成る。そのような人々は、錦市場を訪れることもないであろう。

自分もまさに「おのぼりさん」だったわけだ。市井なんかは知らなかったのだ。
今後は、ディープな京都マニアを目指すことにしたい。

手始めは「焼肉」だ。
京都の焼肉が美味いという情報を得た。これこそ、京都地元情報であろう。
必ず食することを胸に誓った。



su8966 at 11:55│Comments(4)TrackBack(0) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by larra@hotmail.com   2007年04月26日 20:38
trimmed penis images
2. Posted by green@gmail.com   2007年04月29日 19:53
Generic Cialis. Buy Cialis. Cheap Cialis. Cialis Online
3. Posted by jennifire@gmail.com   2007年05月06日 00:44
generic cialis, buy cialis online
4. Posted by suse@aol.com   2007年05月23日 03:56
cheap viagra

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔