2005年12月06日

立ち飲み考4

今日、プロント鹿児島中央駅西口店が開店する。

これは、「立ち飲み」が、圧倒的に「座り飲み」が多い土地柄である鹿児島で

流行るかどうかの試金石でもある。


友人が天文館「東京食堂」一角に、立ち飲みコーナーが出来たと教えてくれた。

それで、訪ねていったのだが、ぴらモールから少し入った路地にもかかわらず、若い人でにぎわっていた。

その日は、足を踏み入れるような格好でもなかったので、あきらめた。

そういうときに限って、運動靴だったりするのだ。

ホッピー仙人様はぼくの風貌はご存知だから、この姿は想像は出来ることだろう。

さて、先日連れて行ってもらった横浜・野毛の「花火」はいい店であった。

花火COD(キャッシュオンデリバリー)であるから、明朗会計である。

もちろんホッピーも飲めるのである。気軽に立ち寄り、ジョッキで乾杯すれば、幸福そのものである。

野毛では、立ち飲みハシゴも可能なのである。料金も安いし、料理も美味いのだ。うらやましかった。


今や、立ち飲みが流行である。天下のトキア(東京ビル)の赤垣屋も満員で入れなかったほどだ。

立ち飲み文化が鹿児島でも定着するかどうかを暖かく見守っていきたいと思ってはいる。



su8966 at 16:16│Comments(0)TrackBack(0)酒場ルール 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔