2006年04月25日

1992年パチンコ機種の当たり年

YOCHYさんのブログを見ていたら、急にパチンコ機種本が見たくなった。

手元にあるのは、
「92年パチンコ攻略ハンドブック」白夜書房 580円である。

これをみると、この年にはパチンコ歴史上に残る名機の数々が載っている。

フィーバーパワフル掘ΑΑΑ SANKYO

ブラボーキングダム 麻雀物語・・・ 平和

パーラーキング 花鳥風月・・・ 西陣

フルーツパラダイス2 宝島・・・ 京楽

ブルーハワイ・・・ 三洋

エキサイトビューティー・・・ ニューギン

ダイナマイト・・・ 大一

改めて書き出しただけでも、ユニークな機種がこんなにいっぱい出たのである。


時代は移り変わり、液晶画面は大型化、映像もより緻密になり、役ものも画面と連動し、画面の周辺の電球は華やかを増し、スピーカーからは音楽も流れるようになった。

ただ、今の機種のルーツにはこのようなものがあったのは間違いがないのだ。


パチンコ機種研究を始めて、足かけ15年目に入った。
毎年買っているパチンコ機種年鑑は、うずたかくなった。
それを見て、「資料としての価値は計り知れない」なと、ほくそえむのだ。 



su8966 at 17:22│Comments(2)TrackBack(0)パチンコ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by めだか   2006年04月25日 22:47
ちょうどこの年代で私は、自分のギャンブル運が無いことを悟り一切ギャンブルをしなくなりました。
でも、フィーバーパワフルは面白かった!
運の無い自分は、主に「たぬ吉くん」をメインで遊んでました〜それでも負けまくりでしたけど!
2. Posted by 楽笑   2006年04月25日 23:55
めだかさま

たぬ吉くんですか?懐かしいですね。あのコミカルなキャラがナイスです(笑)

さて、このころ、当時の彼女とパチンコ三昧だったのを思い出してしまいました(涙)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔