2006年06月27日

角屋もてなしの文化美術館

SUMAIYA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西本願寺から、花屋町通を西入り歩くと、島原大門が見えてくる。
そこから、すぐのところに見えるのが、角屋の塀と建物である。

ここは、昔の揚屋の遺構であり、今は美術館になっているのだ。

門をくぐると入口だ。入場料1000円を自販機で買おうとしたら、
「すぐに二階を案内しますが特別料金800円追加です」と言われ、計1800円を支払った。

揚屋というのは、今でいう料亭みたいなものである。
(しきりに揚屋と置屋、遊郭とは違うということを聞かされた。)

狭い土地を活用するために、一階には、台所・厨房を中心にし、二階を座敷、宴会場にした。だから「揚屋」というわけだ。ふむふむ。

しばらく見て回って、目にとまったのは、薩摩の偉人、西郷隆盛が行水したという盥(たらい)だった。偉勲らも、たびたびここを利用したというわけなのである。

二階へどうぞとのお呼びがかかった。

案内されたのは、何の変哲もない引き戸の前だった。
これが開かれると、眼前には、とても急な階段が出現した。上の座敷へと通じているのである。

意外なところに入り口があるという点では、ディズニーランドのクラブ33と同様のオドロキでもあった。

二階に導かれたのは、ガイド役の女性とお客4名(若い女性3名とオヤヂ)であった。それぞれの間には、いわく付きの建具(襖、釘隠し、障子)や天井などがあったりして、かなり面白かった。コダワリが感じられるのである。

このようなコダワリの説明を、女子大生風の女性が、熱心にメモしていたのには感心した。(エライ!)

一通り見てから、外に出た。

京都というのは不思議なところである。

一歩、建物から外に出ただけだというのに、風景は変わり、現代へと引き戻される。
角屋には一時間ほどしかいなかったのだが、その間、何か異次元ワールドに迷いこみ、つかの間のタイムトリップを体験したような妙な錯覚にも捉われたのであった。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔