2006年09月05日

NHK 渥美清 特集

昨夜、NHK総合で放送された番組「渥美清の肖像 知られざる役者人生」を見た。

NHK−BSで「男はつらいよ」シリーズを放送しているが、どうもこの番組ばかりにスポットが当たってしまう。俳優 渥美清に対しては、考察が少なかった。

このことには,渥美ファンのぼく自身は苦々しく思っていたが、昨夜の番組によって、こういった苛立ちは少々払拭された。

「車寅次郎」は言うまでもなく、彼の役どころの代名詞であるが、それがすなわち人間としても役者としても、すべてではないことくらい皆分かっているはずなのである。

でも、男はつらいよ第一作公開の昭和44年(1969)以降、渥美清がマスコミに登場する機会が、どうしてもこの映画が中心になってしまったが故に、

車寅次郎=渥美清

という強烈なイメージが出来上がってしまったのである。

これは、彼にとって非常に苦痛っだったのではないかと以前書いたが。
遺作となる作品の合間に語ったインタービューの中での強烈なメッセージで
ぼくの場合は、そう確信させられた気がした。

「ス−パーマン役が羽をつけたからって、実際に飛べない」


この世を去る前の渥美清の姿は、妙に淡々としているようにも見えた。

これは、「車寅次郎」を見事に演じきったという安堵感とそれから開放されるという気持ちの表れのようにも見えた。



su8966 at 07:57│Comments(4)TrackBack(0)渥美 清 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Va Foreclosed Home   2006年12月09日 11:45
5 Good idea...
2. Posted by Tweed Lavatory Sink   2006年12月09日 19:34
5 I use Firefox in Ubuntu!
3. Posted by Christian Saying On T Shirt   2006年12月11日 13:41
5 Very nice write up :(
4. Posted by nikolas@hotmail.com   2007年04月27日 12:58
batista penis size

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔