2006年10月21日

極楽湯 大成店で、極楽気分

もう何が何でも、大きなお風呂にゆったり入りたいという渇望が頭から離れない。

さいたまの温泉ハンドブックを買い、向かったのは比較的近いこの施設である。

大宮から、ニューシャトルで一つ目の大成駅で下車だ。

鉄道博物館ここには、来年10月完成を目指して、鉄道博物館が建設中である。

乗降者数が完成したら、今の倍の1万人になるというが、今は閑散としたたたずまいである。

完成予想図を見ると、否が応でも期待感というものは膨らむものである。

 

極楽湯 大成店ここから、新幹線高架下をたどって、歩くこと10分でこのスーパー温泉にたどり着いた。

下足箱に履物をいれ、いざ入湯だ。

今日は土曜日なので、600円なりを払う。レンタルタオルもあるが、今日はバッグには、しっかりとタオルを持参している。用意万端だ。

中は、考えていた以上に広い。多種多彩のお風呂が楽しめる。
特に、ミストサウナは素晴らしい。一寸先が見えないほどの蒸気が心地よい。

ゆったりと、湯船に浸かっていて、湯の落ちる音に風流を感じていた時だ。

突然、がたんごとんと新幹線の走行する音が・・・すっかり高架下であることを忘れていたのだ。
しかし、寝台特急の好きなぼくは、このサウンドが好きだ。
湯の落ちる音とこの走行音が絶妙にコラボしているように聞こえた。

牡蠣フライと焼酎@極楽湯風呂から上がり、生ビ−ルをぐいーっと飲んだ後は、しっみりと飲むことにする。

テレビでは日本シリーズをやっている。

何か、鹿児島の本宅で晩酌をしている気分である。

さびしくなり、ワイフへ電話したのは、許されることであろう。


よくよく考えれば、ぼくの宿舎からはここへは、国道17号線で一本でいけるのである。
車で行けば無論アルコールはご法度だが、今回は電車である。
極楽気分は、持続したまま、大宮へ戻ることになった。



su8966 at 21:48│Comments(2)TrackBack(0)温泉&スパ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by poll@gmail.com   2007年05月06日 18:49
generic cialis, buy cialis online
2. Posted by juddy@gmail.com   2007年05月07日 07:33
hello

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔