2007年06月12日

これぞ、おでんやの鑑です@高砂(金沢)

高砂 外観町全体の再開発が進む金沢ですが、ちょっと裏通りにば趣のある建物があるものです。

ここも、昭和の雰囲気をきちんと残しています。

いいですね。

暖簾をくぐれば、そこには素晴らしい世界が待ち受けています。

長く伸びた逆L字カウンターの右の方に腰掛けました。
二代目女将さんは気さくな方で心和みます。

ホッピーを頼みます。焼酎は、”いいちこ”です。
TWO STEPS HOPPYですから、自分のペースで飲めます。

運良く、おでんの鍋の前に席を移動することが出来ました。

鍋の中にある沢山のオデンタネは、まるで温泉に浸かっているかのようです。
これを見ているだけでも癒されるのは、酒飲みの証なのでしょうか?

高砂おでん

おでんだねの中に
”ふかし”というものを見つけました。

皿の手前にある円形のものです。

はんぺんのようなものですが、からしをつけて食べるとなかなか旨いのです。

つみれも魚本体の味がします。



高砂 店内ここが最高なのは、おでんというものをどうしたら美味く味わえるか?という点を極めたところではないでしょうか。

いいのは、おでんばかりではなさそうです。

今回は、”どてやき”を食しせませんでしたが、カウンターの内側には、この料理のために、特別な調理場所があるのです。

だんだんと気分が良くなりました。

ホッピーも二本目に入っています。


で、次に頼んだのが、この品々です。
高砂 牛すじ

すじに
こんにゃくです。

もう一口しただけで
たまりません。

すじのトロトロ感は、
感激するばかりです。

 

 

 

こうして、楽しい時間を過ごせたぼくは幸せです。


店内のおでんの短冊には、値段がまったく書いてありません。
いわゆる時価ものがあるせいかも知れませんが、ばい貝を除いては,一品300円見当でしょう。

金沢に行かれたら、ぶらりと立ち寄るのもいいと思います。
(2007.6.9 訪問) 



su8966 at 07:20│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔