2007年07月28日

逃した煮込みは大きいけど、冷やしトマトは最高@味平(長野)

長野駅善光寺口から、右手にしばらく歩くと飲み屋街があります。
ここで、これぞ居酒屋!という店構えが目に止まりました。

店先のメニューには、もつ煮込みの文字が踊ります。もちろん、迷うことなく入りました。 カウンターに座ると、三人の男性がいます。

ここから、思わぬ展開となっていくのです。

まず煮込みを頼みます。すると、大将が申し訳なさそうに"売り切れでありません"と言いました。 すると、隣の男性が、"味いから売り切れるんだよ。"と教えてくれました。 彼こそSさんとの出会いでした。本当に愉快で陽気な人で、とても初対面とは思えません。すると彼は、その隣にいるMさんを紹介してくれました。彼は、なんと鹿児島人でした。それもぼくの自宅のある鹿児島市の隣町の人でした。 奇遇だねと三人で盛り上がります。ここが長野なのをすっかり忘れるほどでした。

さて、煮込みがないのは残念ですが、代わりに冷やしトマト 300円 を頼みます。

味平 トマト




 

 

 

 


これが、信じられないくらいのフルーティーな味でした。
こんな美味いトマトを食べたのは生まれて初めてです。
聞けば、地元産だそうです。長野の人が羨ましく思えてきました。

酒は、カルピスハイを飲みました。梅チューハイが売り切れているからです。
ここは、本当に人気居酒屋であることを肌で知った気がします。売り切れ続出なんですから・・・

いい気分になったところで店を出ることにします。

次回はもっと早い時間に来ることを約束して、Sさんと握手を交わしました。 と同時に、にこけんにも参加して下さいとも・・・ 長野の煮込みは、体験できませんでしたが、Sさんと知り合えたし、美味しいトマトを食べられたし、素晴らしい長野の夜になりました。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔