2007年08月12日

素晴らしきかな、黒湯の泉質@戸越銀座温泉

五反田の用事が早く終わったので、都営浅草線に乗って、戸越で降り
戸越銀座を見て歩くことにしました。

それにしても、戸越銀座の長さといったら、とてつもないですね。

いい加減うんざりしたところに、この温泉を見つけました。
もちろん、タオルは持参ですから、即インです。

うれしいことに、東京都の銭湯料金430円では入れるのです。

戸越銀座温泉 20070811

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


入るなり、新築の香りがします。オープンして間もないのでしょう。
すべてが新しくて、きれいなのです。

さあ、いよいよ浴槽へと向かいます。見て、さらに浸かって驚きました。

見事な黒湯なんです。

東京の天然温泉としては、黒湯が標準らしいのです。
品川区では唯一の療養の泉質と認定されているそうです。

東京の銭湯としてはややぬるめの温度ではありますが、それでも黒湯に浸かっていますと、お肌がツルツルとしてくる気がしました(美人の湯だそうです)。

ここには、露天風呂があります。こちらの方は黒湯ではないですが、外気に触れるという開放感は何ともいえません。

しばしの旅の疲れが癒されていくのは言うまでもありません。
サウナ、水風呂・・・どれもいいです。

戸越銀座温泉 店内 20070811黒湯で十分体を温めた後で、出ることにします。


脱衣場は、このようにきれいです。

ドライヤーも無料なんですよ。

さりげないことですがいいですね。

 


もうこの状態では、喉はカラカラになっています。

この温泉から出た瞬間から、戸越銀座の居酒屋で生ビールを飲みたいという気持ちで頭が一杯でした。

☆東京都品川区戸越2-1-6 



su8966 at 01:13│Comments(0)TrackBack(0)温泉&スパ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔