2008年01月08日

デパート大好きオヤヂの人生・・・

好きなもんは好きなんです!

ぼくは昔からデパートが大好き人間です。
鹿児島でも、山形屋の開店前から外のベンチに座り、開くのをじっと待っていたものです。

働き盛りのタイコバラ男子が、昼間から、ぶらぶらしているのですから、どう思われていたのやら?
知り合いのおばちゃんに声をかけられたりすると、恥ずかしかったものでした。

関東に来てからも、”デパート好き”が変わるわけでもありません。

日本橋三越

 

 

 

 

 

 

やはり、開店前から、並んでしまうタイコバラオヤヂなのであります。
今回のデパートは、日本橋三越です。

開店と同時に向かう先はとどこかといいますと、デパ地下の食品売り場なのです。口開け直後ですから、どこも商品はきれいに並べられています。特に惣菜の盛り付けときたら素晴らしく、すべて買いたくなってしまいます。

美味いものが一同に会している風景は圧巻ですよね。

今回は、大増のお弁当”吉野”1050円を購入しました。季節物幕の内弁当なのですが、実に彩り鮮やかでありました。ミニ点心もゲット。
三越弁当


 

 

 

 

 

 


実は、デパート好きであるというのには、不純な動機もあるのです。

それは、美女が数多くいて、間近に見られるということであります。

時はバブルの頃にさかのぼります。
ある日、親友M君が、合コンをしようと誘ってくれたのです。

喜び勇んで、天文館の待ち合わせ場所に行きますと、なんとボディコンの美女がいました。

ボディコンイラスト

驚きました。

どこへ行ったかもう忘れてしまったのですが、その後、もう一人ボディコンの美女が来ました。

結局、四人で楽しく飲みましたが、彼女らは、地元デパートの化粧品売り場の子だったのでした。

どおりで、色っぽいはずです。

さて、後日談があります。スケベ根性がフルに発揮されたことになるのです。

そのデパートに行きましたら、彼女が困った顔をして言ったのです。

「今月のノルマが、きついの・・・」

美女に弱い性格がこうさせたのでしょか、下心があったのかどうか、生まれて初めて、何千円もする高価なシャンプーを含め、何万円分か買いました。

ただそれだけの話ではありますが、合コンに行った時のボディコン姿が忘れられなかったからというのは間違いありません。

あれから、かなりの月日がたち、ボディコンの女性らと合コンすることはまったくなりました。しかし、今でもデパートの化粧品売り場の美女たちを見るたびに、この思い出がよみがえってしまうアホウです。

万が一、同様なことがあるとするなら、また同じようなことを繰り返すでしょう。

人間って、年をとっても、そうそう変わるものではないのでしょうね。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ムームー   2008年01月08日 10:49
今年もよろしくお願いいたします。

デパ地下は誘惑が多いですわ、ついつい買ってしまいます。

惣菜買うにもオバちゃんよりイケメンから買います

美女に巡り合えますように〜

2. Posted by 楽笑   2008年01月08日 11:58
ムームーさん
こちらこそ、よろしくお願いします。

やはり、イケメン店員の方がいいですよね。
さわやかな笑顔に、きらりと光る白い歯…

このようなデパ地下がありましたら、ご報告します(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔