2008年01月24日

冬ソナ気分で一日を過ごすつもりが・・・

いいことばかりは続かないものですね。昨夜は、寒い中を自転車に乗り、パチンコに行ったわけですが、このせいかどうか、風邪がぶり返してしまいました。

しかし、今朝は関東に来てから初めての雪でしたから、思わずテンションが上ってしまい、外に出たわけです。

そうすると、鼻水がタラりタラリ、おまけに涙も出てきたのです。顔がぐちゃぐちゃになってしまいました。


冬ソナのまね
でも、そんなことに負けてはいられません。

マフラーを巻いて、ヨン様の真似をしてみたのです。

だから、何が起きたって・・・いうわけではないのですが、今日一日は、気分だけでもヨン様でいこう!と決めました。

ギャルの同僚を見つけては、「冬ソナ、見たことある?」なんていう質問をしたのですが、彼女らは皆、”変なオヂサン! 鼻水たらたらでキモッ!”というような感じであったことは言うまでもありません。

だって、雪=冬ソナ・・・こんな発想自体がオカシイのですからね


雪に特別な感情をを持ってしまうのは、ぼくが九州生まれ九州育ちだからかもしれません。

鹿児島でも年に一回は雪が積もったりしたりするものですが、そうしょっちゅうあることではありません。

恋愛っていうのは、冬に芽生えたものの方が長続きする気がするのはぼくだけでしょうか?

愛を育てるのには、雪が降るなどのシチュエーションがあったほうがドラマティックで良いのかどうかは、ぼく自身、雪のデートの経験がないから分かりませんが、冬ソナを見ると、愛はじっくり育つような気がしてしまいます。


電気雪だるま50を目に前に、恋愛なんて・・・そう考えてしまう人が多いかも知れません。

ぼくの場合は、多少違います。

昔の彼女らからの手紙を読むたびに、恋愛の素晴らしさを思い出します。

恋愛をしているときの自分のピュアな気持ちが真実だったんだなと懐かしくなったりもするのです。


冬ソナのようなドラマティックなラブストーリーがまたあるかもしれない・・・そう考えてしまう自分は本当に”幸せもの”なのかもしれません。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ぽぱい   2008年01月25日 20:11
ん…
見覚えのある後ろ姿…
ペ・ゴジュウ様の後ろでVANのトレーナーを着ている人は、ほぱちゃんじゃないですか〜?(笑)
いや〜冬ソナの特別ゲストにとして登場させて頂き、ありがとうございました♪
2. Posted by つぶお   2008年01月25日 22:30
笑楽さんはじめまして。

元坊さんのところからやってきました。

冬ソナと関係あるかどうかわかりませんが、、、
韓国に語学留学しております。

勉強しながら、飲み歩きも。

飲み歩きの方が多いかも知れません^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔