ゴジラ、ガメラ、ガッパ

2006年05月03日

ガメラ・・・小さき勇者たち

朝一の回に、この映画を観た。

映画の先入観というのは、つくづくジャマっけなものだなあと考えてしまった。

この予告編は、前々から観ていたが、どうせオコチャマの子供だまし的なものを連想していた。

これにはしっかり理由がある。

それは、昭和ゴジラで、すっかり擬人化したゴジラがあの有名な「シェー」をしたという過去があるからだ。

当時、テレビに対して危機感を抱いたのかどうか、そんな流れが主流を成し、
観客にそっぽを向かれてしまったのである。


今回の作品は、しっかりしたプロットの元に製作されている。

怪獣映画は、男性が作るものと相場が決まっていそうだが、そうではない。

脚本も、音楽も女性が担当しているのである。

これを男性監督がしっかりとまとめている。


ゴジラ映画とは違い、華やかな俳優や女優が出演するわけでもない、
だからこそ真実味が増すということはあろう。

肝心のガメラは
・・・このフェイスには賛否両論あろう。

ただ、冒頭のシーンでは、怖いガメラとギャオスが出現していることを考えれば
製作スタッフは今回の可愛らしい姿を選択したのであろうから
これはこれでいいと思う。

怪獣シーンには、欠かせない絶叫し、逃げ惑う市民の大群も
名古屋市内のシーンで、エキストラのおかげでリアルな緊迫感があった。


しっかりと、丁寧に、大人から子供まで楽しめる作品に仕上がっていて
面白かった(1353094)



2005年10月29日

大巨獣 ガッパ

日活が総力を挙げて、製作した怪獣ものである。
1967年、84分

のっけから、美樹克彦のテーマソングで始まる。

もう、日活の映画そのものである。

川路民雄、山本陽子、和田浩治、藤竜也・・・まさに美男美女の競演でもある。


ストーリーそのものは、単純明快である。

ガッパの子供を日本に連れて帰ったので、ガッパ夫婦が取り戻しに来る。
ガッパを返したら、親子で飛んで帰るというものだ。

こう書いたら元も子もないが、親子愛で結構泣ける。


舞台は、昭和40年代の関東地方である。

銀座
羽田空港(新東京国際空港)・・・昔のだ。
京浜工業コンビナート

ここをガッパが暴れまわるのだ。レトロな町並みを見るのがいい。


最後も、まさに日活の青春映画らしい感じであった。
日活、日活、日活である!



2005年08月16日

GODZILLAの知名度

話は、約15年前にさかのぼる。
 
アメリカ・シカゴより、鹿児島へ仕事関連のお客さんが来た。
鹿児島の美華園で一緒に会食することになった。
 
外国人接待には、中華料理は無難であろうということになったのだ。
 
 
ゴジライター1年齢は自分より少し上であったろう。彼らは、英語しかしゃべれない。
仕事の話は何とか終了することが出来た。そして世間話に移った。ぼくがキャラクターものの映画の話に仕向けた。
 
Do you know Godziila? とぼくは尋ねた。
 
発音は「ゴジラ」ではなく「ガジラ」の方が良いと聞いていたので使ってみた。もちろん彼らは、ミュータントニンジャタートルズと同様に良く知っていた。
この時、やはり知名度は抜群なのだと知った。
 
そして今や、ニューヨークヤンキーズで活躍中の松井秀喜が愛称として使ったことで、さらに巨大なモンスターというイメージは全米中に知れ渡ったことだろう。。
 
 
 
先日、とある番組で、豚の怪物みたいにでかいのが
ホグジラ HOGZILLA と名づけられているのを見た。もちろん、外国の話だ。
 ゴジライター2
 ・・・ZILLA というのが、巨大なものを示す接尾語にもなりつつある事実が、世界中に広がっていると確信したのだが・・・